選び方

出会い系サイトを知恵袋で調べる時の注意点

出会い系 知恵袋

今の世の中、困ったことがあってもインターネットで検索すれば大抵のことは解決法が見つかる時代。国内海外を問わず、世界中のホームページを見ることができます。

しかし、沢山の情報が溢れているからこそ、本当のことが書いてあるのかどうかを自分自身で見極める必要性があります。

大手IT企業Yahooが運営する「Yahoo知恵袋」では毎日大量の相談が掲載されています。

質問したことはなくても他の人の質問や回答を参考にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

恋愛のことやお金のこと、家電のオススメ情報や色々なトラブル解決法まで、多種多様の質問がされています。

もちろん出会い系サイトに関する相談やそれに対する回答も多くあります。

こんな便利なサービスではありますが、落とし穴もあるのです。

危険な目に合う前に安全な使い方を見ていきましょう。

あわせて読みたい

出会い系サイトに関するQ&A

出会い系サイトと聞くと、良くないイメージがどうしても付きまといます。

例えば女の子が小遣い稼ぎ目当てで登録し、見ず知らずのオッサンとエッチをしてお金をもらったりしてそう。そんな印象がぬぐえませんし、実際にそういう援助交際から事件に発展していることもあります。

しかし、多くの利用者はきちんとルールを守って利用し、法律では金銭の授受を目的とする書き込みなどが禁止されています。

出会い系サイトを利用したいと思った時、誰に相談しますか?

家族や友達にはなかなか相談しづらい内容ですよね。

システムや金額、料金設定がどのようになっているのか、メリットやデメリット、どんなリスクがあるのか、どういうトラブルに注意すべきかなど、事前に知っておきたいことがたくさんあります。

実際に利用した人の口コミや事例があれば見てみたいですよね。

そんな時にネットで相談をしてみると、良い解決法が見つかる可能性があります。

しかし便利な反面、危険な側面もあるので注意してくださいね。

Yahoo知恵袋を活用する利点

困ったことがあったら質問を投げれば誰かが回答してくれる電子掲示板「Yahoo知恵袋」。

2005年にサービスが活用され、今では日本でもトップクラスの掲示板です。

回答の中から最も役に立った回答を「ベストアンサー」として選べるといった機能があります。

良い回答として認められると、質問者側からの感謝を知恵コインという形で表すこともできるサービスの為、真剣に回答してくれる人も多いです。

質問するだけでなく、自分と同じような悩みを持っている人の相談を見て悩みを解決することもできます。

 

また、回答数が少ないが為に、信憑性が低い内容でもベストアンサーに選ばれていることもあります。

ベストアンサーだからと鵜呑みにしては危険です。
余談ですが、Yahoo知恵袋には「閲覧数」も記載されています。閲覧数が多ければ、同じ悩みを持っている人が多い可能性があるということですね。

・豊富な質問内容

相談の内容は多岐に渡っており、豊富なカテゴリで分別されています。

コンピュータのプログラムだとか、オススメの財布は何?など多岐に渡ります。

中にはアダルトな内容も含まれた相談ごともありますが、Yahooの会員登録をしなければ閲覧できないようになっています。

出会い系サイトに関する相談の事の中にはアダルトに含まれるものあります。

例えば、ダンナがいる既婚女性と軽い気持ちで、セックス目的で会う約束をしたが、やはり悪いことだと思って直前になって断ったら金銭を要求されただとか、弁護士が付いたと割れたがどうしたら良いのか、という質問もありました。

メールアドレスを登録したら、その後悪徳業者や詐欺業者から違反報告のメールが届き「罰金を払え」と高額請求された、これは本当に支払い義務があるのでしょうか?といった内容の話も多数あります。

質問しているのは男性だけでなく、女性もいるようです。

とある人の質問を見ると、出会い系サイトである男性と知り合い、写メ交換をしたり会う約束をした男性がいたが、直前になって怖くなりドタキャンをしたら「お前の顔写真はどうせ偽物だろうから勝手に使ってやる」と脅されたとか。しかも調べてみるとほんとうにその人の個人情報が晒されていて、

名前や住所やメールアドレス、電話番号などが勝手に使われていたそうです。

このように、男女問わず何らかの被害に遭っているようです。

しかし中にはいたずらのような内容のもの含まれています。

 

知恵袋で情報を得る際の注意点

知恵袋で出会い系サイトの情報を探すと、実際に利用している人の声がわかるという利点があります。

しかし、誰でも投稿出来る場だからこそデメリットになる場合もあるのです。

知恵袋を利用する際の注意点も、しっかり把握しておきましょう。

・参考程度にする

なんでも相談できて便利な掲示板サービスですが、その内容を鵜呑みにしてはいけません。

中には専門家が正しい知識で回答してくれることもありますが、根拠のない回答を返されることも多いです。

本人に悪意がなく間違った情報を回答しているケースもありますが、中には悪意を持って間違った情報を回答するケースもあります。

特に出会い系に関する相談に関しては、運営者である詐欺グループが目を光らせています。

大手のYahooが運営しているサイトだからと安心している人もいますが正直に信じてしまうと危険です。

詐欺グループたちは悩んで相談している人を見つけては危険なサービスやサクラじゃないきちんとした人と出会えるよ、と怪しいサイトやスマートフォンアプリを勧めているのです。

大変便利なサービスではありますが、参考程度に見るようにしましょう。

・出会える、出会えないはユーザーごとに異なる

特定の出会い系サイトについて調べるとしたら、「実際に出会えるサイトなのか?」が気になるところだと思います。

これに関して知恵袋で調べてみると、「出会えない!」という回答の方がリアルに感じてしまうかもしれませんね。

しかし、出会える・出会えないは、サイトが原因でないことの方がほとんどです。

・個々のユーザーのプロフィール画像はイケメンかそうでないか

・プロフィールや自己紹介はしっかり記入出来ているか

・どの程度ポイントを購入したのか

・何人にメッセージを送ったのか

こういった個人のスペックから利用方法によって、実際に出会えるかの結果は大きく変わるものです。

出会い系サイトを使いこなすコツを習得したうえで、実際に自分自身が利用してみることが1番ですよ。

・自作自演のケースもある

知恵袋は自分が相談するだけでなく、他の人が相談したものを参考にすることもできます。

それを上手く活用している詐欺アプリの運営会社もいるのです。

出会い系サイトを利用した経験が無い人、詳しくない男性を装っておすすめアプリに関する質問を書き込みます。

そしてまるで他人のように自分達が作った詐欺アプリを勧めるという手法です。

同じように出会い系サイトに詳しくない男性はその相談を見て、回答の内容を信じてしまうのです。

また男性だけでなく女性向けにも詐欺を働いています。

女性の場合は出会い系サイトの利用者としてではなく、小遣い稼ぎとしてメールレディといった仕事を紹介するパターンです。

出会い系サイトに登録してきた男性を騙して高額なポイントを購入させる仕事です。

小遣い稼ぎ目的の女性を装って相談を書き込み、いい仕事があると紹介するパターンです。

では実際に使うとなったときに、サクラや悪質業者を見極める方法はあるのでしょうか。

以下の注意点を参考にしてみて下さい。

① 掲載写真(顔写真)がモデルの宣材写真のように可愛い(若しくはイケメン)
② プロフィールの記述が無いユーザーは悪質業者の可能性が高いので要注意
③ 初回の会話からほかのサイトの登録やアプリのダウンロードを勧めてくる

などなど。

サクラや悪質業者に引っかからないように注意してくださいね!

・間違った回答があることも想定する

ベストアンサーに選ばれた回答が、必ず正しいとは限りません。

例えば、「〇〇という出会い系サイトは登録すると迷惑メールが来ますか?」という質問に対し、

「来ます!登録してから大量の迷惑メールが来るようになりました!」というベストアンサーがありました。

しかし、私自身もそのサイトに登録していますが、迷惑メールが来たことはありません。

考えられる、回答者が間違えた情報を書き込んだ原因として、

・大手出会い系サイトを装った偽物の悪質サイトに登録してしまった

・アドレス回収業者にメールアドレスを教えてしまった

・ただの通知メール

・評価を下げたい

これらが挙げられます。

このように、事実と異なる情報が溢れかえっているので、知恵袋だけで回答が事実だと判断しないようにしてください。

 

・無料出会い系サイトのほとんどが詐欺アプリ

出会い系サイトをまとめているサイトで紹介されている優良アプリは有料の場合がほとんどです。

無料で利用できる範囲で出会えると書いているまとめサイトもありますが、それもプロならでは。

年会費がかからない、完全無料!と謳っているサイトは、どこから利益を得ていると考えるのが妥当でしょうか。

収益がどこからくるのか。広告費用にも限度がありますし、利用者側から「別の方法」で得ていると考えられます。

そこにはサクラや業者が多数居て、風俗に誘導され多額の支払いを強要されたりすることも考えられます。

素人の男性が出会い系サイトで女性会員に実際に出会うには多かれ少なかれ軍資金が必要です。

安全に出会い系サイトで女性会員と出会いたいと思ったら数千円程度でも出費は覚悟しましょう。

・場合によっては専門家に相談する

「美人局」という漢字を若い人は読むことができるでしょうか?
「つつもたせ」と読みます。

例えば、モデルのような美しい女性と出会って連絡を取り合うようになり、その後ホテルへ…若い子からモテている♪

と喜んだのも束の間、数日後その相手の夫という人物が出てきて

「妻のおなかにお前の子どもができた。妊娠させられた。あんたの奥さんにバラされたくなければ慰謝料を払え」

となる手口です。

嘘のようですが実際に警察へ被害届が出されている事実があります。

国民生活センターや消費生活センターなどが各自治体に設置されていますので、本当にそういう状況になってしまって「これはどうなんだ?」と疑問に思ったら相談してみても良いでしょう。

出会い系サイトのまとめサイトの中には直接相談できるようになっているものあります。

たくさんある出会い系サイトの中から自分で選べないという人はそういうところで相談してみてもいいでしょう。

また、そういうサイトでは出会うまでにどのようなやり取りをすればいいか解説しているものあります。

実際に出会ってから恋愛相談を受け付けている人もいるので幅広く対応してもらえるでしょう。

また、中にはYahoo知恵袋の中にIDを活用して相談を受けている人もいます。

回答者を指定することでふざけた答えや中傷がこないようにすることができます。

回答を探すときのコツ

知恵袋で回答を探すときは、上位に来たひとつの回答を見れば解決する、性格な回答だとは限りません。

より知りたい情報を手に入れ、知りたい情報以上のものを仕入れましょう。

・最新の情報を得る

知恵袋に投稿されている質問の多くは「最近のものではなく過去のもの」です。それらが日付順に並んでいるわけではなく、バラバラに表示されます。

投稿日・回答日などを踏まえたうえで参考にするとよいでしょう。

情報が古いために今の状況とは当てはまらない可能性もあります。

・質問数や回答数でアクティブユーザー数がわかる

特定の出会い系サイトについて調べてみると、質問の種類や質問数、回答数も変化してきます。

数が多ければ多いほど知名度も高く、アクティブユーザーがいる証拠。

回答はあくまで個人の感想である場合がほとんどですが、質問数と回答数から人気のある出会い系サイトかが判断出来ますよ。

・Googleで検索したほうが参考になるサイトが見つかる

Yahoo知恵袋で相談しなくてもGoogleで検索すれば出会い系サイトをまとめているサイトはたくさんあります。

もちろんそれらのサイトもアフィリエイトサイトなので特定の出会い系サイトへ誘導してくるものが多いです。

しかし、悪質な出会い系サイトへ誘導しているとGoogleからの評価も下がるので検索の上位に表示されることはありません。

なかには実際に出会い系アプリに登録しながらレビューしているものあるので、気になったサイトがあれば参考にできます。

安全か危険かだけでなく、出会い系アプリで出会った後のことをレクチャーしているサイトやブログもあります。

出会い系アプリを使う目的にもよりますが、参考にしてみるのもいいでしょう。

 

【まとめ】大手のサイトだからといって無闇に信用しない

大手の運営しているサービスだとそれだけで信用して使ってしまう人がいます。

しかし、掲示板のようなサービスは運営しているのは大手企業でもやり取りしているのは個人同士なのです。

ネットの向こう側の人間がどんな意図で利用しているかを把握することはできません。

ネットに掲載されている情報は玉石混合なので、最終的には自己責任ということになります。必要になってきます。

しっかり調べて安全な出会い系サイトに出会いましょう。

あわせて読みたい
ABOUT ME
アスカ
アスカ
お気軽にコメントください。丁寧にお返事いたします♪