トラブル

悪質出会い系サイトから退会するときに注意すること

「出会い系サイトに登録したら悪徳サイトだった。すぐに退会しないと!」

そう思った時も一度立ち止まって冷静に考えましょう。

悪徳サイトは退会するときにまで、あなたから少しでも搾取しようと考えています。

今回はそんな時でも被害をおさえる方法を紹介します。

退会できない時の参考にしてみてください。

あわせて読みたい

悪質な出会い系サイト

出会い系サイトはというのはそのほとんどが悪質サイトと言われています。
大抵の場合、詐欺師が運営している場合が多いです。

悪質業者はあらゆる手口を使って消費者からお金を搾取しようと考えています。
無料だと思って軽い気持ちで登録すると後から大変なことになります。

ここでは悪質な出会い系サイトの見分け方を紹介していきます。
悪質詐欺の被害者にならないためにも当てはまるものがあったらすぐに対策をとりましょう。

・登録時に年齢認証がない

2009年に制定された出会い系規制法により登録時には必ず年齢確認が必要になりました。

確認の方法は2つでクレジットカードを利用したものと、身分証明証を利用したものがあります。
今では国内の全ての出会い系サイトに法律として義務付けられているので、行わなければ犯罪となります。

・退会できない

退会するためのフォームがない、もしくは正常に機能しないサイトはアウトです。

ほとんどがあなたに迷惑メールを送り続けるのが目的です。
もちろん登録している会員もサクラばかりです。

もしくは更なる悪質な行為に及ぶ可能性もあります。
勝手に登録されていた場合などにはまず退会の方法があるか確認してみましょう。

・退会申請はNG

仮に退会用のフォームがあったとしても基本的には退会申請をしてはいけません。
もしくは勝手に送られてきた請求メールに「配信停止はこちら」と書かれていてもクリックしてはいけません。

ワンクリック詐欺であったり、そのアドレスが生きていることを教えてしまうことになります。

またサポートセンターの電話番号が書かれている場合もありますが、こちらも電話してはいけません。
被害が拡大する可能性が高まります。

・メールアドレスなどの情報をもらされる

悪徳業者にとって会員データが商品です。
退会申請をしてしまうと生きているアドレスとして自分の情報がリストに載ってしまいます。

そのリストは業者間で出回ってしまうのです。
悪質業者はそのリストをもとに手当たり次第にメール配信をしています。

・迷惑メールがかえって増える

一度出回ったアドレスは回収することができません。
架空請求を送るような詐欺グループはそういったリストに手当たり次第にメールを送ってきます。

一社の退会申請をすることで数十社から詐欺メールや広告メールが届くようになってしまいます。

悪質サイトの退会させない手口

悪徳業者はユーザーを退会させないためにあらゆる手法をこらしてきます。
どのようなものがあるかみていきましょう。

・後払い請求

こちらは退会金として法外な金額を請求してくるもの。

金額と一緒に振込み先が書かれていて、支払わないと法的な処置をとりますといって内容のものが送られてきます。
写メを登録している場合、ひどければそこから個人が特定できますと脅してくる場合もあります。

家や会社に連絡してくるといわれると誰でも怖いものでうよね。

小心者な方の場合、こう書かれているとつい支払いをしてしましまいます。
しかし仮に利用規約で書かれている金額であったとしても、妥当な金額でなければ支払わなくてもいいと法律には書かれています。

・退会ページが存在しない

一般的なサービスであれば必ず存在する退会ページが悪質なサイトには存在しません。
もしくは存在しても正常には動かないようになっています。
目的はもちろん、ユーザーをサイト内に留まらせて何かしら搾取することです。

・退会の処理に時間がかかる

退会の申請をするとシステムの都合で処理に1か月かかると言われるパターンです。

今の時代に処理に1か月もかかるシステムは存在しません。
しかし返信があるだけ、比較的良心的なサイトと言えるかもしれません。

・別のサイトに登録されている

通常であればボタン一つで終わる退会作業が、色々と入力させられる場合です。

これで退会できるならと思うと多少面倒でも入力してしまう人もいます。

電話番号や個人情報まで取得されてしまいます。
しかしこの退会フォームがまた別のサイトの登録も兼ねているケースもあり無駄骨どころか、余計にひどい状況に陥る場合もあります。

・もっともらしい理由をつけてくる

サイト内で女性とやりとりしている場合「お互いの同意がなければ退会できない」と行ってくる場合もあります。
もちろん相手の女性はサクラなので同意してくれるはずがありません。

通常のサイトで退会に利用者同士の許可が必要になるはずがありません。
ひどい場合には「あなたのせいで先方が怒っている」とこちらを加害者にしてくるケースもあります。

・退会手数料がかかる

退会しようとすると事務手数料にお金がかかると言われる場合です。

悪徳業者はあらゆる方法で消費者に課金してきます。
もちろん決して支払いをしてはいけません。

対処方法

上記のような退会ができない出会い系サイトに出会ったとしても焦ってはいけません。
ここではそんな時の対処法を紹介していきます。

・無視するのが一番

基本的な対策としては無視するのが一番です。
サイトを利用しなければお金を請求される道理はないので放っておきましょう。

中には定額性なので利用していなくても料金が発生しますといわれることもあります。
後から高額な請求が来たとしても焦って支払いをする必要はありません。

「電子消費者契約法」という法律が守ってくれます。
そこには事前に料金を開示されていない場合には支払わなくてもいいと定められています。

・メール拒否

迷惑メールが届いた場合にはアドレスを受信拒否しましょう。
無視をしていても延々と止まらない迷惑メールはイヤなもの。

そんな時はそのアドレスの受信を拒否しましょう。

・アドレス変更

見知らぬサイトからもメールが来るようであればアドレスが出回っている可能性が高いです。
いちいちすべてを受信拒否設定していては骨が折れます。

ですので多少面倒でもアドレスを変更するのがおススメです。

予防策として、出会い系サイトに登録するときはいつでも捨てられるフリーメールで登録するのがおススメです。
メインのアドレスをいちいち変えるのは大変ですからね。

・相談する

アドレスを変更してもすぐに迷惑メールがくるようであれば誰かに相談するのも手です。
消費者生活センターや警察などに相談してみましょう。

・アカウント登録の前にアプリの評判をチェックをする

アプリを利用する前にネット上に評判をチェックするようにしましょう。

その時にただ点数だけを見てはいけません。
不当に評価の点数を上げる業者も存在するのです。

高評価の割にほとんどレビューがないのは怪しいです。

〈まとめ〉退会できないとしても焦らないで

悪質サイトでは入口は広くいつ入ったかもわかないようになっているのに出口のないものが多いです。
すぐに抜けだせないとイライラしてしまいますが、焦る必要はありません。

事前に請求の確認がないものに関しては払わなくてもいいと思っていれば、どんと構えていられます。

対処法をしっているだけで防げる事件も多くあります
退会ができないと分かった時はアドレスごと切り捨てましょう。

ABOUT ME
アスカ
アスカ
お気軽にコメントください。丁寧にお返事いたします♪