ワクワクメール

ワクワクメール(ワクメ)で拒否したい人を無視リストいれる

ワクワクメール(ワクメ)でメッセージのやり取りをしていた相手が苦手なタイプだった・・・」という状況になったことはありませんか?

メッセージのやり取りを重ねていくことで相手のことを徐々に知っていくことが出来る反面、苦手だと感じることもあるかと思います。

そんな時に利用をおすすめするのが「無視リスト」です。

ワクワクメール(ワクメ)のサービス機能を利用していくにあって、無視リストは押さえておきたい機能ともいわれています。

今回はワクワクメール(ワクメ)の無視リストについてご説明します。

■出会い系サイトには様々な人が会員登録をしています

ワクワクメール無視

ワクワクメール(ワクメ)に限らず、出会い系サイトには様々な人が会員登録をしています。
普通の会員もいれば、一癖あるような会員もいます。

18歳以上であれば誰でも会員登録することが出来る性質上、様々な人が出会い系サイトに集まってくるのは仕方がありません。

もし出会い系サイトを利用していて苦手な会員に出会ってしまっても、利用している出会い系サイトを嫌いにはならないでください。
上記のような点を踏まえたうえで出会い系サイトを利用していくと、ストレスをあまり感じることなく出会い系サイトを利用していくことが出来るようになるでしょう。

■ワクワクメール(ワクメ)の無視リスト機能

今回の本題であるワクワクメール(ワクメ)の無視リスト機能とは、どのような機能なのでしょうか。
ワクワクメール(ワクメ)の無視リスト機能についてご説明します。

ワクワクメール 無視リスト使い方

ワクワクメール(ワクメ)の無視リスト機能は、特定の相手とのやり取りをブロックするために用意された機能になります。

メッセージのやり取りをしたくないとおもった相手を無視リストにいれれば、メッセージのやり取りを行うことができなくなるのです

無視リストに入れられブロックされた相手は、あなたに対してメッセージを送信しようとすると、

「○○さんとやりとりすることができません」と表示されます。

この表示が基で無視リストに入れられた相手が感づくことがあるかもしれませんが、出会い系サイトではよくあることなのであまり気にしないで大丈夫です。

無視リストに入れられブロックされた相手は、最後に1通だけあなたに対してメッセージを送信することが出来ます。

この機能のことを「最後の1通メール」と呼びます。

中には「なんでそんな余計ないことを・・・」と思っている人もいるかもしれませんが、お互いのすれ違い・勘違いを起こさないために設けられているのでご了承ください。

無視リストに入れられブロックされた相手がワクワクメール(ワクメ)を退会した後も情報は残り続けますのでご安心ください。

ワクワクメール(ワクメ)の会員情報は端末ごとで紐づけされているため、退会後の再登録でも対応できるようになっています。

無視リストは相手のプロフィールページからいつでも設定・解除することができます。

気軽に無視リストを利用できるは嬉しいですよね。

■無視リストと見ちゃイヤリストの違いについて

ワクワクメール無視

ワクワクメール(ワクメ)には無視リストの他に、「見ちゃイヤリスト」というものが存在ます。
一見すると同じような機能に感じますが、無視リストと見ちゃイヤリストは何が違うのでしょうか。

ワクワクメール無視

無視リストは特定の相手とのやりとりを完全にブロックするための機能になります。

見ちゃイヤリストは、あなたの掲示板投稿の書き込みを秘密の状態にしつつ、メッセージのやりとりが可能な状態にする機能になります。

無視リストは本当に苦手な相手に対して利用し、見ちゃイヤ☆リストは他の会員とのやり取りに対してジェラシーを感じてしまう相手に対して利用するのがベストと考えるのが良いかと思います。

無視リストも見ちゃイヤリストも無料で利用できる機能になりますので、その場に応じて利用することをおすすめします。

 

 


ワクワクメール公式サイトはこちら→
ワクワクメール

年齢認証や電話番号確認が不安だと思いますが、

ワクワクメールは大手優良サイトなので安心です♪

まずは無料登録してみてください。

 

アプリでワクワクメールを楽しみたい方は、

こちらでアプリインストールが可能です。

ワクワクメールのアプリインストール→
ワクワクメールアプリ

タップル誕生インストールボタン

公式サイトで登録しても、アプリインストールで登録しても、どちらでもワクワクメールを利用できます。

 

ABOUT ME
体験族
体験族
コメント受付中!