セフレ

イカされたい女性の相手探しと方法

近年、肉食オンナと言われる女性が多くなってきました。
それと同時に以前にも増して、カジュアルにセックスを楽しむ時代にもなってきました。

でも実際にはセックスでイッタことがない女性が意外に多いそうなんです。

イケない原因とは一体どのようなことなのでしょう?今回はセックスでイカされたいのにイケない、快感を上手く得ることができない女性のために(女性をイカせたい男性のためにも)イケない原因、そしてイクための方法を下記にまとめてみました。

個人差はありますが、ぜひ参考にしてみてください。

3Pしたい

◆イカされたことが無い女性が意外と多いワケ

「アソコを愛撫されたり、クン二されたりすると、気持ちよくなって濡れてくるんだけど、いざ彼のモノを挿入しても、アソコの中ではイケない」

という女性は意外と多いんです。

以前、女性のセックス記事のための取材をしたとき、そのような女性がたくさんいることに驚きました。一番多かった意見が

「自分でオナニーするときは簡単イケるけど、彼氏とのセックスではイケない」

ということ。

そこで色々と取材を進めていくうちに次のことがわかったんです。

・セックスの回数がまだ少ない(未熟)
・クリトリスを触るくらいのオナニーしか経験がない(挿入してのオナニー未経験)
・セックスについて彼氏(旦那)と真剣に話し合いをしたことがない
・毎回イッタふりをしている(イク演技)
・彼氏(旦那)がセックスに対して淡泊すぎる
・彼氏(旦那)が女性の体をわかっていない
・彼氏(旦那)のパターンが同じなので、次何をされるか想像がつく(ときめかない)
・彼氏(旦那)が、自分はセックステクニックがあると勘違いしている

細かい意見はまだまだあるのですが、ざっと挙げても上記の意見は多くの女性が言っていました。

たくさんの意見を聞いていて思ったのが、イカされたことのない女性の多くは、

「男性にイカせてもらう」という他力本願な考えを持っている人が多いような気がします。

これは筆者の独断の意見ですが「相手に求める前に自分で努力をすることも必要ではないか」ということ。

ではどう努力をすればいいのか、次に進んでみましょう。

◆イカされやすい体質を作るためには

イカされやすい体質を作るには、自分の体を感じやすい体に作っていくことです。

一番いいのはオナニーをすることですが、それだけではなく日常からセクシーな雰囲気づくりも大切になってきます。それにはこんな方法もあります。

<心理的方法>

・体を鍛えてみる(自分なりの理想に近づける)
・セクシーな下着を日ごろから身に着ける
・官能小説を読んだりAV動画などを観る

体を引き締めることにより、ボディラインも整ってくるので、自信にも繋がってきます。またセクシーな下着をつけることにより、セクシー気分になれることもあります。
そしてそのランジェリーをつけたまま、官能小説を読んだり、AV動画を観るとかなり気分が盛り上がります。オナニーをしなくても下半身が熱くなってきたり、しっとりと濡れてくることもあります。これらは心理的な方法からのアプローチですが、かなり効果があると言われています。

もし気分が盛り上がったら、下記のようなオナニーをしてみてはどうでしょう?きっとしないではいられないくらいになっているかもしれません。

<オナニーの方法>

~クリトリスでイキやすくなるオナニーの方法~

色んなオナニー方法はありますが、女性のオナニーで一番多いのが、クリトリスを触って手っ取り早く気持ちよくすることです。でも少し趣向を変えてみるてはいかがでしょうか。指で触るのではなくて、何かを使ってクリトリスを刺激することです。たとえば、こんにゃくで刺激してみてると、舌で舐められているような感覚になれます。ちょっと臭いますが、体に使っても気持ちいいですよ。臭いが気になる方は、専用ジェルなどを使ってもいいですね。女性のために設けられたアダルト商品のサイトもあるので、そこで安全なジェルを購入できます。でもコンニャクは手軽なのでかなりおすすめです。

~膣の中(挿入時)にイキやすくなるオナニーの方法~

膣の中でイケない人が多いのが、指を入れて刺激する人が多いこと。男性で女性の膣に指を入れて、いきなり激しく刺激をする人がいますが、あれはナンセンスとしか言いようがありません。特にセックスでイケない女性には、このやり方はマイナスだと思います。
おすすめはやはりグッズを使うことです。バイブレーターがついているもの、クリトリスを同時に刺激するもの、先ほどと同じく女性のためのセックス関連サイトで探せば色んな可愛いグッズがあります。自分に合いそうなものを2,3種類ほど調達して、色々と使ってみることですね。間違っても指を入れて、ヘタに膣を刺激をしないようにしましょう。彼との熱いセックスを想像しながら、バイブレーターを使用することをおすすめします。

◆セックスでイケるための方法

セックスでイクためには、たくさんの方法があります。でもこればっかりは個人差があるので、一概にこのやり方が一番いい!とは言えません。下記は一般的に言われていることを挙げています。

・イキやすい体位

イキやすい体位というのは、男女とも十人十色です。特に女性は個人差がかなりあります。正常位じゃないとダメな人、バックが一番気持ちいい人、自分がトップじゃないとイケない人など、それぞれ違います。また挿入しても角度によって、感じる部分が違います。だから女性の場合は、セックスの相手に自分の一番いいポジションを伝えることが大切です。そして男性は「女性によって違う」ということを十分に理解しておくことですね。

・前戯が大切

パッパと前戯を終えて、いきなりペニスを挿入する失礼な男性もいますが、こんな自分勝手で思いやりのない人とは、セックスをしないほうがいいですね。ハッキリ言って無駄な時間です。前戯がなぜ大切かと言うと、これから最高のフィニッシュ(イクこと)に向けて、体も心も盛り上げていくためのモノだからです。これをさっさと終わらせる男性とは、セックスを楽しめません。さっさとサヨナラしましょう。

・自分の性感帯を知ること

自分の性感帯を見つけるためには、時間がかかる部分もあります。例えば見える部分(耳や首筋、乳首、クリトリス)などは非常に見つけやすいです。なぜならキスされたり、おっぱいを吸われたり、乳首を舌で舐めまわされたりしたときに、体の中から熱くなって濡れてくると感じれるからです。ただ膣の中にある、いわゆるGスポットやポルチオを見つけるのは、やはり時間がかかる人も多いです。

◆ポルチオ・Gスポットの場所

Gスポットとポルチオは、クリトリスと同じく性感帯なのですが、いったいどこなのか?わからない人のために簡単に説明します。

Gスポットは膣の中のに中指を入れてみて、中指の第一関節の指の腹が、ちょっとザラッとしたところと言われています。※長さはあくまでも参考
そこが刺激されることで、女性は膣の中で感じれるということです。

ポルチオはそのもっと奥の部分で、子宮の入り口部分(子宮口)にあります。女性が一番感じる部分と言われていますが、これも個人差があります。というのは、膣の入り口から子宮口の長さに個人差があるからです。長さが短い女性の膣に、長い男性器を挿入すれば痛みを感じる人もいます。

またセックスが未熟な場合も、痛みを感じるときもあるからです。

でも、この部分が気持ちよく感じれるようになったら、もう絶頂に辿りつくのは時間の問題です。男性がイクのを我慢してくれるなら、そこを刺激されて何度もイケる女性もいます。

◆まとめ イキたいのにどうしてもイケない場合

ではイキたいのにイケない人はどうすればいいのでしょうか。ハッキリ言いましょう、努力するしかないです。上に記載したことに加え、骨盤矯正をして骨盤を整えたり、セックスの相手にも勉強してもらうことも必要です。

セックスは二人で営むものです。「相手が悪い」とか「相性が悪い」など、判断を急いで、すぐに他の相手に乗り換えるのはあまり賛成できません。相手任せにせず、お互いに努力することも大切になってきます。

そして女性の方もやってもらうことばかりを考えず、フェラチオをしてあげるなどして、相手の感じさせてあげましょう。相手の反応を見て興奮することもあるので、挿入前のいい刺激になると思います。

それでもどうしても無理、努力してもイク事が出来ない場合は、別の相手とやってみることも手段の一つです。

最近ではセックスの相手を探すことにフォーカスしたサイトもあります。またコミュニティーなどもあるので、そちらを利用してもいいかと思います。

でもまずは自分を知ること、そして相手と一緒に努力すること、この二つが重要になってくるのではないでしょうか。

気持ちいいセックスをすることで、満足度も高まり生活も潤ってきます。

いいセックスをして、充実したライフスタイルを送りましょう。

ABOUT ME
アスカ
アスカ
お気軽にコメントください。丁寧にお返事いたします♪