サクラ

悪徳出会い系サイト「ヤリパラ」の検証評価

出会い系サイトとは健全に出会いを求める人たちが集うものです。

その点を遵守した優良出会い系サイトもあります。

しかし、中には出会いがほしいという人たちの心理に漬け込み、お金を儲けようとする悪徳な出会い系サイトがあります。

数ある出会い系サイトの1つである「ヤリパラ」もその悪徳サイトの1つです。

ヤリパラ」というサイト名自体も危なそうですが、利用者の評価を見てみるとサクラが多いという声も多く、登録するのは辞めておいた方がいいというのが正直な感想です。

そして、悪徳出会い系サイトである「ヤリパラ」の中でも最も悪質だと感じたのは料金体系です。

見ていけばいくほど搾取のニオイしかしません。

ということで、今回は悪徳出会い系サイトである「ヤリパラ」の料金体系からわかるヤバさを深く掘り下げて説明していきます。

ヤリパラとはどういったサイト?

まず、悪徳出会い系サイト「ヤリパラ」はどういったものなのかを公式のサイト情報を元に説明していきます。

ヤリパラは出会い目的の男女のメールアドレスを交換するためのアドレス交換制サイトです。

従来のポイント制の出会い系サイトとは違い、メール交換によって異性と繋がれるため、サイト上でのやり取りは一切なく、基本的にはメールでのやり取りが中心となっています。

そうすること、ポイント制の悪質出会い系サイトみたく、ダラダラとやり取りをして、ポイントを搾取されるということはありません。

しかし、このメール交換の料金体系にヤリパラのヤバさが詰まっています。

というわけで、アドレス交換制サイトのヤリパラが、どういった料金体系なのか見ていきましょう。

ヤリパラの料金体系

ヤリパラは男性会員と女性会員によって料金体系が変わります。男性の場合はメールアドレスの購入、交換の2パターンあります。その利用料金は、

・購入(1件)・・・8000円
・交換(1件)・・・6000円

となっています。全て1件あたりの料金なので、再度購入する場合や、別の人にメールアドレスを教える際には、上記の金額をまた支払わなければいけません。

そして、女性の料金体系は登録料のみとなっています。利用料金は、

・登録料・・・10000円

となっています。

女性の場合は、メールアドレスの購入や教える場合の料金はありません。

料金体系からわかるヤバさ

公式サイトを覗いてみると、男性会員はアドレス料金のみ、女性会員は登録料のみで利用できるとされています。

一体この料金のどういった点が危険なのかというと、

・ポイント制の悪質出会い系より支払い金額が多い
・そもそも女性の料金体系が不可解
・返金保証はもちろんない

といった点です。

徐々に危ないニオイがしてきましたね・・・。

これらのヤバさを詳しく掘り下げていきます。

ポイント制の悪質出会い系より支払い金額が多い

ポイント制の悪徳出会い系サイトの場合、ポイントの購入金額は平均2000円〜となっていることが多いです。

しかし、ヤリパラだと登録料は無料となっているので、多少良心的に感じますがメールアドレスを購入しなければ、結局なにもできません。

なので、無料と謳いながらも8000円は必須となります。

その時点で、既にポイント制の悪徳出会い系サイト以上のお金を支払うことになります。

さらに、そこからやり取りをするために、メールアドレスを教えなければいけません。

そうすると、6000円も払わなくてはいけなくなります。合計すると一人とやり取りまで至るのに14000円は必ずかかってしまいます。

ポイント制の悪徳出会い系サイトとくらべてどうでしょうか。

明らかにヤリパラの方が支払金額が多いです。

さらに怖いのはここからです。

→最低でも14000円の被害額になる

もちろんポイント制の悪徳出会い系サイトでも、多額のお金を支払うパターンは多いです。ただ、ポイント制の悪徳出会い系サイトの場合、低額から課金していれば、あまり大きな金額になる前に悪徳だということに気がついて退散することが可能です。そうなると、ポイント制の悪徳出会い系サイトの被害額の最低ラインは約2000円となります。

しかし、ヤリパラの場合だと女性と会話までに至るまでに14000円を支払わなければいけません。

そうなると、被害額の最低ラインは14000円〜となります。そこから女性とやり取りして、悪徳だと気がついても、最低14000円という多額の被害を負うことになります。

さらに、気が付かなければメールアドレスを教えるごとに6000円ずつ被害額は増加していきます。

→返金保証はもちろんない

当然ながら返金保証はありません。

ということはたとえ途中でサクラなどに引っかかったと気がついても、14000円は返ってきません。

泣き寝入りをするしかないです。

それで男性会員が去ったとしても、ポイント制の出会い系サイトで搾取できる最低金額以上は運営側は手に入れているので、痛手が少ないです。ヤリパラの男性料金にはこのようなヤバさが潜んでいます

そもそも女性の料金体系が不可解

次に説明する悪徳出会い系サイトヤリパラで不可解なのは女性の料金体系です。女性はメールアドレスの購入や交換の料金が必要ないのは、おかしくないですか?交換の際も女性側は料金が発生しません。男性だけが支払う形になっています。

さらに女性の登録料も、かなり高額となっています。さらに、アドレス交換が成立するまでとなっているので、その後、別の方と繋がるにはまた10000円を支払う必要があるということです。それならば、ペアーズなどの出会い系をしていたほうが、料金的にも安上がりです。加えて、メールアドレスは女性の場合、携帯のアドレスとなるので、女性のリスクがあまりにも高すぎます。そう考えると、女性がわざわざヤリパラに登録する可能性は極めて低いのではないでしょうか。

→出会い系サクラがはびこっている可能性が非常に高い

じゃあどのような女性がいるのかというと、やはりサクラなどになってきます。

女性にはメールアドレスを購入するお金も、交換するお金もかからないので、サクラがはびこりやすい土壌ができてしまっています。

さらに、公式サイトのサクラに関する記述を確認すると、特にサクラに対する対策などをしているようには見受けられません。

そのため、サクラなどがはびこっていると考えた方が正しいように感じます。

このように、女性にとって、登録の障壁が高すぎる不可解な料金体系も、ヤリパラのヤバさが滲んでいます

まとめ

以上が悪徳出会い系サイト「ヤリパラ」の料金体系からわかるヤバさです。

男性会員の被害額が高額なこと。そして、女性が登録するまでの障壁の高さなどから、ヤリパラのヤバさが伝わったのではないでしょうか。

詐欺サイトに14000円ものお金を搾取されたくないのなら、ヤリパラに登録するのはオススメできません。

ABOUT ME
体験族
体験族
コメント受付中!