特徴

悪徳出会い系の利用規約によくある2つの共通点

出会い系サイトには大きく分けて2つのタイプがある。

それは、「優良」か、「悪徳」か、です。

ここで「悪徳」とは、なにかを簡単に説明すると、「使ったらお金を搾り取られる出会い系」と言えます。

できれば、そんな出会い系には当たりたくはありませんよね。

そこで下記では、そんな「悪徳」出会い系を見分けるための、「利用規約」を使った見抜き方をご紹介しております。

今後、知っておくと非常に役立つと思いますから、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

では、始めていきましょう。

利用規約の場所

まず、サクラ系サイトでは詐欺として会員ユーザーのメール料金システム無料となることが多いですが、「利用規約」の場所についてですが、これはアプリの「設定」画面などにあることがよくあります。

ほかには「お問い合わせ」というページがあるところの近くにあることが多いです。

探せばすぐ見つかると思いますから、ぜひお探しください。

1、出会い禁止

では、まずひとつめの「利用規約」でその出会い系が悪徳かどうかを見分ける方法。

悪徳出会い系によくよく、共通しているのが、この「出会い禁止」です。

どういうことかというと、それは下記の画像を見てみてください。

出会い系サイト利用規約 出会い禁止

禁止事項のところに、「出会い・異性交際を目的とした行為」と書かれていますよね。

これは悪徳出会い系「ウキウキチャット」の利用規約ですが、この「ウキウキチャット」、アプリの紹介画面はこんな風になっているんです。

ウキウキチャットアプリ紹介画面

「出会い」「出会い」、、、いかにも「このアプリを使えば出会えるよ!!」と言われているように感じますよね。

というか、これを見れば誰だってそう思うはず。

でも、利用規約では、「出会い」を禁止しているんです。

これを見たら利用者の人は「どういうこと!?」って、思いますよね。

でも、実はこれにはちゃんとした(?)理由があるんです。

というのも、まず大前提として、このような出会い系では18歳未満の利用というのが禁止されています。

そしてもし「出会い系」としてサイトやアプリを退会なしに運営するのであれば、個人情報安全性などを守るため、会社を徹底調査して、内容の不審点ポイントを正し、サクラ行為をしていないかなどきちんとした審査などに通る必要が出てくるんです。

例えば具体例をあげると、、、

・年齢確認をユーザーに義務付けなければならない
・利用料金は適正価格でなければいけない
・インターネット異性紹介事業届出という書類を提出しなければいけない

などなど、、「出会い系」を運営するというのは、「売春」などを防ぐため、かなり厳しい審査を通らないといけないんです。

しかし!「悪徳」な出会い系というのは「ユーザーからお金をだまし取る」ことを目的としているので、このような審査に対して通るわけがないんです。

つまり、「出会い系」として運営できない。。。

そこでどういう手段をとるかというと、あくまで「出会い系」として運営をしないようにするんです。

そのための方法が、「利用規約で出会い禁止と書いておく」ということなんです。

このように「利用規約」で「出会い禁止」と書いておけば、法律上は「出会い系」としてみなされなくなります。

つまり、さきほどのようなめんどうな審査に通る必要もなくなり、ある意味では「自由に」運営をすることができるわけです。

こうすることによって悪徳サイトというのは、

・利用料金を高額に設定することができる
・年齢確認なしでユーザーに利用させることができる。

などなど、自由に自分たちで設定することが可能になります。

このようにして男性ユーザーからお金をだまし取る仕組みをサイト・アプリ内で作り上げ、日々男性会員からお金を巻き上げています。

あなたはこのような手口にくれぐれも引っかからないよう、利用規約に「出会い禁止」と書いていたら、その出会い系からはすぐ退散!

2、サクラの存在を示唆

次に、出会い系の中には利用規約の中で「責任逃れ」ともいえるような、「サクラを示唆している」ともいえるような内容が書かれていることもあります。

例えば下の画像を見てみてください。

悪徳出会い系サイト利用規約 サクラの存在を示唆

赤枠で囲ってある部分ですが、これはつまり、「私たちはこのサイト(アプリ)内のあらゆる情報において、一切責任持ちませんよ!」と言っています。

いかにも、これは「サクラ」を雇っていそうな運営会社が言いそうな言葉です。

ここで「サクラ」を簡単に説明しておくと、いわば男性会員からお金を巻き上げるための架空の女性会員、つまり「エサ」です。

例えば、電気通信事業者届出・サクラ文言・サクラ詐欺・返金方法などわからない、あなたがまったくの出会い系初心者であり、よくわからない優良でない出会い系に同時登録などしてしまったとします。(詐欺師に詐欺罪をかけられないか悪徳サクラ詐欺チェックをする必要があるにも関わらず。)

すると、登録をしたと同時にある女性会員から、

「ねぇ、今近くにいるんだけど、今夜遊べない?寂しくて、、、」

みたいなメッセージが届いたとしたら、

「何これ!!出会い系スゲーーー!!!」

って、なりそうですよね。

だがしかし、このメッセージを送ってきた女性会員の正体こそが、「サクラ」なんです。

裏で操っているのは男性かもしれません。

そしてこのような出会い系というのは、メッセージ送信が1通200円~300円と、非常に高額。

でも、舞い上がってしまっているあなたは、「1通200円か、、でもまぁ風俗に行くよりは断然安いよね!」とか言って、そのままその女性とバンバン連絡をやり取りしてしまいます。

もちろん、その間メッセージ代というのはドンドン、その出会い系サイト内に落とされていきます。

そしてあなたがメッセージのやりとりをずーーっとやり続けた結果、「いつ会えるの?」と思った時に、その「サクラ」の女性はあなたの前から姿を消すんです。

で、あた新しい女性がその出会い系サイト・アプリ内であなたに甘い声をかけてきます。

このように、男性にどんどんお金を落とさせる役割を担っているのが「サクラ」です。

話がだいぶ横道にそれましたが、このように「サクラ」を雇っていれば、利用規約で「私たちの出会い系サイト内の女の子たちには責任負いませんよ」と言っても、おかしくはないですよね。

こんな感じで利用規約に書いておけば、運営側も出会い系サイト・アプリ内で嘘ばっかり書くことができ、責任を負う必要がありません。

なので、もし利用規約にこのようなことが書かれていれば、普通は著作権トラブルなど詐欺行為禁止事項の文言が法律で記載されているのですが、変更などでインターネット異性紹介事業届出番号の詳細情報が書かれていないことも多いので、くれぐれもご注意くださいね。

まとめ

ここまで出会い系サイトを悪徳か優良かを見分ける「利用規約」を使った方法についてご紹介をしてきましたが、いかがでしたか?

利用規約というのはアプリをダウンロードする前にも見ることができます。

なので、もし「この出会い系、大丈夫か?」と思ったのであれば、ぜひ一度、「利用規約」はチェックをしてみてくださいね。

でも、今現在世の中にあふれている出会い系というのは、ざっと100以上もの数があります。

それらに対して、ひとつひとつ「これは優良」「これは悪徳」と、自分で判断していては、いくら時間があっても足りません。

し、おそらくあなたはまだ出会い系経験が浅いでしょうから、失敗してしまう可能性もおおいにありえます。

そこで当サイトでは、「ココさえ登録をしておけば大丈夫!」といえるような、「超優良出会い系」と呼ばれる出会い系をまとめてあります。

つまり、はじめから答えをご紹介しております。

そこでは、「なぜこの出会い系には登録しておくべきか?その理由」や、「それぞれの出会い系の攻略方法」なども、事細かにご紹介しております。

ぜひ、あなたがセフレを見つける近道にもなるかと思いますので、そちらも参考にしてみてくださいね。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました♪

ABOUT ME
体験族
体験族
コメント受付中!