出会う方法

出会い系サイトでJK(女子高生)と出会えるのか?

男の大好物、JK。

若さが溢れながらも、少しづつ大人の魅力を纏いつつあるJKに憧れる男性は多いでしょう。

出会い系サイトでは、基本的に年齢制限があるため女子高生は利用できませんが、法の目をかいくぐって登録しているJKは多くいるものです。

実際に、女子高生にみだらな行為をして捕まっている事件も多く存在します。

そのきっかけが、インターネットを使って出会っているのです。

では、どのようにJKに出会っているのでしょうか?

今回は出会い系サイトを使ってJKに出会う方法を紹介していますが、出会い系サイトでJKと会うことはリスクも伴うので注意が必要です。

JKと知らずに出会うこともあると思うので、どこまでが法的にアウトなのか、どのようなことに注意すればいいのかも紹介していきます。

危ない火遊びは楽しいものですが、正しい知識を持って自己責任で楽しんでください。

■大手出会い系サイトを女子高生(JK)が利用する方法はあるのか?

まずは、JKがどのように出会い系サイトに登録しているのか、説明していきます。

大手出会い系サイトの年齢制限をかいくぐる方法?

ご存知だと思いますが、大手の出会い系サイトでは登録時に公的書類を用い年齢認証を行っています。

優良サイトを利用したことがある人なら、自分でも年齢認証を行ったはずなので分かりますよね。

しっかり年齢を確認している優良サイトなら、JKに会うのは不可能じゃないの?と思う方もいるでしょう。

しかし、出会い系サイトを利用できるのは18歳以上、つまり18歳でも利用可能なのです。

年齢認証は生年月日の部分しか見られないので、18歳の誕生日を迎えていれば、現役JKであっても優良出会い系サイトに登録できるんですね。

また、18歳未満であっても姉妹や親の保険証を使って登録しているJKは数多く存在します。今では特に夏や冬の長期休暇には、一見真面目そうに見える普通の現役JKでも、ネットで出会いを求めています。

しかし、18歳以上かどうかで法律も変わってきます。

後から説明するので、18歳未満と会った時に注意が必要です。

オススメはマイナーな出会い系サイト(年齢制限なし)。JKは出会えるのか?

出会い系サイトの中には、年齢認証を行っていないブラックなサイトも存在します。

そんなサイトは年齢認証なしで登録できるので、18歳未満のJKが普通に登録していたりします。

プロフィールでは年齢を18歳以上でしか表示できませんが、16歳、17歳のJKもかなりいます。

しかし、マイナーな出会い系サイトはそれだけ安全性も低く、サクラばかりで出会えないサイトも多いので、注意しましょう。

トラブルに巻き込まれてまでJKに会わなくていいという人は、利用しない方がいいでしょう。

■女子高生(JK)と出会いの注意点

JKと会うに時には、普通に出会い系サイトで出会うのとは違った注意点があるので紹介します。

お酒を飲ませる手段が使えない

まず覚えておかなければならないのは、JKにお酒を飲ませてはいけないということ。

当たり前ですが、JKは未成年なので法律的にお酒が飲めません。

会い系サイトを利用してる方の中には、居酒屋→ホテルというコースを利用している人も多いと思いますが、JKには利用できないので別のプランを考えなくてはなりません。

おすすめは、居酒屋の代わりにカラオケかマンガ喫茶を利用することです。個室であればイチャイチャできますし、その後ホテルにも繋げやすいでしょう。

無料アプリには要注意

先述したように出会い系サイトの中には年齢認証も行っていない危ないサービスも存在します。

その中には無料で使えるアプリも存在しますが、間違いなく悪徳アプリなので使わないでください。

安易にJKに会いたいと思い、無料アプリを利用すると、JKに出会えないどころか、さまざまな事件に巻き込まれる危険性もあります。

通常、出会い系サイトは運営コストが高いため、ユーザーに利用料を請求しているのです。

その利用料が発生しないということは、詐欺などの悪徳な手段で売り上げをあげなければサービスを維持できません。

懐が厳しくても、JKに会いたいならちゃんと優良のアプリやサービスと利用しましょう。

■女子高生(JK)と出会うことは法律違反なのか?

JKには出会いたいけど、それって違法なんじゃ、とびくびくしている方もいると思いますが、ここではJKと出会う時の法律についても説明していきます。

同じJKでも、年齢によっても条件が変わってくるので、年齢にも注意しましょう。

パターン1 相手女性が18歳未満の場合

先ほど18歳以上のJKであれば、優良出会い系サイトにも登録できると書きましたが、18歳未満の場合はどうでしょう。

基本的に登録はできませんが、先ほども言ったように親や姉妹の保険証を使っている場合もあるのです。

結論から言うと、あなたがいくつであっても、18歳未満のJKと付き合うこと自体には違法性は全くありません。大学生とJKが付き合っているなんて話はごまんとありますもんね。

ただし、JKの親が怒って通報される場合はあるので、そこには気をつけてください。何もしなかったとしても強姦未遂とされたケースも過去にあるほどです。

逆に言えば、親の公認をもらえれば何も怖いものはありませんね。

パターン2 相手女性が18歳未満の女の子でエッチする場合

相手が18歳未満でも交際するには問題ありませんが、エッチをしたとなれば話は別で違法となります。

詳しく説明すると、青少年健全育成条例もしくは児童福祉法、いわゆる淫行条例に抵触することになります。

18歳以上のJKを合法JKというのに対し、18歳未満のJKは違法JKといいます。読んで字のごとくですね。

抵触した場合の罰則は県によっても違うので、不安があるという人は予め確認しておきましょう。

ただし、18歳未満とエッチしても法に抵触しないパターンが3つあります。

① 相手も18歳未満である。
② 相手が18歳以上だが、真剣交際である
③ 18歳以上だと偽られていた

1は、時間が戻せないので関係ありませんね。

2は言ってしまえば、女子高生の彼女を作れということですが、親が認めてくれていたり婚約しているレベルでやっと合法といえるかもしれません。

そもそもちゃんと付き合っていたら捕まるようなことになりませんね。

3は特に風俗などで、年齢を偽っていた場合などに適用されます。

出会い系サイトでも年齢を偽っている場合もあるので、18歳未満であることを本当に知らなかった場合には偽られていたことを主張しましょう。

パターン3 相手女性が13歳未満の女の子の場合

18歳未満の中でも、13歳未満であればルールが変わります。

13歳未満の少女の場合、相手の合意があろうとなかろうと、性交渉をしたら問答無用で違法となり、強姦罪が適用されます。

同意だったとしてもレイプという扱いになるということですね。

性交渉まで至らなくても、エッチな行為をした場合には強制わいせつ罪が適用されます。

18歳以上と偽られた場合には適用されないとありますが、さすが13歳未満の少女を18歳以上に見間違うことはないですよね。

しかし、出会い系サイトの中には現役JKを装った女子中学生もいるので気をつけてください。最近の女子中学生の中には見ただけでは、JKと見分けがつかない子もいます。

判断がつかない場合には身を引くか、学生証を見てでも確認しましょう。

■出会い系サイト以外でJKと出会う方法はあるのか?

出会い系サイトでJKに出会う方法を紹介してきましたが、JKに出会いたいなら出会い系サイト以外にも方法はあります。

出会い系サイトは怖いという人は、これから紹介する方法でJKを探してみましょう。

1. ツイッター

JKは1日の大半の時間をスマホをいじって過ごしているわけですが、何をしているかというと「ツイッター」か「LINE」です。

それだけ利用しているということは、使い方によってはJKとの出会いも簡単に作れるということです。

ツイッターに関して説明すると、まずはアカウントを作って(中性的なプロフィールがおすすめ)、とにかくJKをフォローしましょう。

ツイッター内でJKに流行っているワードや、学校名などで検索すれば簡単に見つけられます。JKがフォローしている子の中にも友達のJKが多いので、そこも見ておきましょう。

フォローしていけば、その中の何割かがフォローバックしてくれますが、いきなりがっつかずゆっくり関係を作っていきましょう。

普段から女の子の投稿にファボ(いいね)をしたり、投稿に対してかるくコメントをしてあげたりと。

ある程度、距離が近づいてくれば自然と向こうからDMが届くこともあります(自分から送ってもOK)。

あとはDMでさらに仲良くなってアポをとりましょう。

出会い系に比べて根気がいるので、一人ずつではなく、ひたすらフォローしてそのうち数人に会えればいいという考えで進めましょう。

2. LINE掲示板

JKがツイッター以外で頻繁に利用しているのがLINE。

今や誰もが使っているメッセンジャーアプリですが、LINE IDを交換しあって見知らぬ人とも連絡がとれるLINE掲示板なるサイトが存在します。

そこでJKが公開しているLINE IDを入手すればと考えると思いますが、実は18歳未満のLINE IDは検索できないようになっているのです。

そんな規制の中でJKとLINEで登録するには、QRコードやURLを利用する方法があります。

IDでの検索は規制されてはいますが、実はQRやURLでの検索は規制されていないのです。

しかし、QRにURLにしてもJK側からの協力が必要になってくるため、かなりハードルは高いと言えるでしょう。

3.神待ち掲示板

みなさんは「神待ち」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

女子高生で家出するケースが増えていますが、そんな家出現役JKがその日の食事や寝床を提供してくれる人を探すのが「神待ち」です。

もちろん、彼女たちはお金などないので、食事や宿泊代の代わりとして、身体で支払うのです。

ネットの中には、そんな神待ちJKが書き込みをするためのサイトも存在しており、それが「神待ち掲示板」です。

現役JKの書き込みに対して、返信をして数通のやり取りを行えば実際に会えるでしょう。

神待ち掲示板では、一人のJKに対して何人もの男性からアプローチが殺到しているので、本当に出会いたければ、返信してもらえるようなアプローチをしなければなりません。

そのコツは「具体的に書く」ことです。具体的な「場所」や「時間」、「目印」となるものを明記しておけば本当に会えると思い、返信してもらえます。

JKとしても会えるか分からないようなメッセージに返信しても意味がないので、ちゃんと会えると思わなければ返信してくれないのです。

4.ストリートナンパ

オンライン上でのネットナンパもいいですが、リアルでのストリートナンパも忘れてはなりません。

出会い系サイトやツイッターでJKと繋がれたとしても、実際に出会いにまで繋げるというのはさらにテクニックが必要です。

その点、ストリートナンパであれば既に出会っているので、出会いまでの過程を割愛できるので即効性があります。

特に最近では条例が規制が厳しく、遊ぶ場所に困っているJKに声をかければぐっと成功率も高まります。

制服JKは、JKであることは見た目で判断できますが、LJKなのか、18歳以上なのかは判断できないので、確実に学年や年齢を確認できるようにしましょう。

夏休みなど時期によっても成功のしやすさも変わってくるので、タイミングを見てストリートナンパの腕も磨いておきましょう。

夏休みは女子高生を狙ってナンパするのは難しいので、女子大生を狙ってナンパしましょう。

私服だと区別がつきませんが、高い確率で現役JKであることも多いです。

稀に女子中学生であることもありますが、分かった瞬間に身を引きましょう。

■あくまでも自己責任で・・・

今回はJKと出会う方法を紹介してきましたし、18歳であれば出会っても違法ではありません。

しかし、JKはまだ親の監視下にあることも多く、さまざまな規制に守られてもいるのです。

どんなに注意しながら遊んでいても、ちょっとしたきっかけで犯罪者になることもあるので、基本的にJKに絞って出会いを求めるのはおすすめしません。

しかし若い子に絞ってあっていれば、いずれJKに巡りあうこともあるので、その時のために法律知識などをしっかり備えておきましょう。

■JKとの出会いはどんどんハードルが上がっていく

LINEが18歳未満のID検索ができなくなるなど、社会的にJKと関係を持つのがどんどん難しくなってきています。

しかし、JK好きな男性も、年上男性に会いたいJKがいなくなることはないので、法律とサービスのイタチごっこが続いているといっても過言ではありません。

法に触れた時の罰則も厳しくなっているので、それでもJKと遊びたい人はおすすめはしませんが、自己責任で楽しんでください。

ABOUT ME
体験族
体験族
コメント受付中!