サクラ

出会い系サイトの援デリ業者とは?特徴と手口

援デリ

出会い系サイトを利用する時にサクラに警戒する人は多いですが、サクラと同じくらい危険な援デリ業者が存在することは知っていましたか?

サクラであればお金をとられるくらいですみますが、援デリ業者に関わると犯罪に巻き込まれる可能性もあります。

今回は援デリ業者とはなんなのか、援デリ業者の特徴を説明するので見分け方の参考にしてください。

援デリ業者に突撃取材した記事はコチラ→
援デリ業者対談

援デリについて

そもそも援デリ業者とはどういうものなのかとうところから説明します。

・援助交際+デリヘル

援デリとはその名の通り「援助交際」と「デリヘル」を組み合わせたサービスで、簡単にいうと援助交際斡旋業者です。

出会い系サイトでマッチングした男性に、お金をもらうことを条件に肉体関係を持つ一つの売春です。

通常の援助交際と違い、個人ではなく業者を介して行われているため、やり口も非常に巧妙です。

さまざまなところでお客さんを探していますが、出会い系サイトもその窓口の一つということなのです。

・メールやり取り担当がいる

出会い系サイトで援デリ業者とやり取りをしていても、実際に出会う相手はメールをやり取りしている相手とは違います。

援デリ業者の場合、業者のメール担当が男性会員と出会いまでを調整して、登録している「打ち子」と呼ばれる女性に売春を斡旋しています。

その日に確保できる女性を、どの男性にあてがっていくかを管理しながら連絡をするので、現地待ち合わせの時に女性が上手く確保できないと非常に長い時間会えずに放置されることになります。

待ち合わせ時に返信の内容に違和感をもったり、会うまでに時間がかかる場合には業者の可能性が高いので体の目的では無く、出会い目的であるなら会うのを止めるなどの対応をおすすめします。

・派遣される女性とプロフィールは別人

メールをやり取りする相手が別なら、もちろんプロフィールも別人です。

実際に会う人物は業者から派遣されているだけなので当たり前といわれればそうなのですが…。

援デリ業者の女性のプロフィールは男性が性的に好きそうな女性像にしているため、魅力的に作られています。

実際に会う女性が必ずしも美人でないとは限りませんが、想像していたのと違う可能性は非常に高いです。

会った時にガッカリはしますが、身体目的で足を運んでいる以上、何もしないで帰るわけにはいかないという心理が働き、多少理想とは違っても引き受ける男性が多いのです。

セックスへの期待値が高いほど、とりあえずセックスできればいいという思いでホテルに行ってしまいます。

サクラとの違い

出会い系サイトで警戒するのはサクラだと思いますが、サクラと援デリ業者は全く別物です。

どういう点が違うのか説明していきます。

・運営元はサイト・アプリ運営と無関係

サクラの場合はサイトやアプリの運営会社が用意しています。

自社でサクラをアルバイトとして雇っている場合もあれば、サクラの代行業者に委託している場合が多いです。

そのためサクラは自社のサイトやアプリに有利になるよう、掲示板の投稿やメールのやりとりで様々な男性にポイントを使わせるためにダラダラと会話を引き延ばすのです。

しかし、援デリ業者はサイト・アプリの運営会社とはまったく無関係の会社です。

そのため出会えないけどやり取りを続けたがるサクラと違い、援デリ業者は条件さえあえばむしろ積極的に出会おうとします。

業者と女の子がセットで行動して女性は業者から派遣された場所で男性と会い、ホテルなどで行為をすることでお金をもらう制度になっています。

業者がつくことで客からもらった金額がそのまま自分の収入にならないというデメリットもありますが、
女性の後ろで業者が管理人の役割をすることで、トラブルに対応してもらえる安心感や、業者側から日時と場所を指定してもらえるので、男性を探す手間が省けたりと女性側にもメリットがあります。

そのためサクラだけを警戒していると、実際に会おうと言ってくれる援デリ業者は見抜けません。

・サクラはいないが業者がいるケース

サクラがいるサイトは、そのサイトの運営会社が詐欺に加担しているということになります。

もちろん出会い系サイトを探している人はサクラのいないサイトを探しているわけですが、優良サイトに限って援デリ業者は多く存在します。

優良サイトはサクラばかりの悪質サイトに比べてそれだけ人が多く集まっているので、援デリ業者からすると恰好の的です。

しかし、サイトの運営側からしても援デリ業者が多いという噂がたてば、それだけサイトの信頼性がなくなるので援デリ業者を撲滅しようと頑張っています。

優良出会い系サイトは大抵24時間のサポート体制を用意していますが、そこに援デリ業者だと思う女性ユーザーを通報すれば、すぐに調べてアカウントを停止してくれるため、完全素人の会員も多いです。

しかし、運営側の監視が強い大手だからといって油断することなく、自分自身が業者に注意して利用するようにしましょう。

・女性に会える

サクラは会員でない女性が会員であるように見せることを目的にしていますから会おうとしても会えませんが、「援デリ」は援助交際をすることで発生するお金を目的としているので、金銭のやり取りは発生しますが必ず会えます。

 

援デリ業者の特徴

援デリ業者を見分けるには、援デリ業者の特徴が分かっていれば簡単です。

次のような特徴がある場合は援デリ業者である可能性が高いので気をつけましょう。

・官能小説のようなコメント

援デリメール

援デリ業者は男性の性的欲求を掻き立てるのが仕事なので、やり取りもいちいち性的な内容のものが多いです。

話を引き延ばしたり別の出会い系サイトに誘導するのが目的のサクラと違い、援デリは本当に出会うつもりがあることが理由。

メールはどれも性欲を掻き立てる内容になっています。性欲がむき出しになった状態であれば援助交際という形でも会いに行きたくなるためです。

また実際にやり取りしているのは男性のため、今時の若い女の子のような軽い感じではなく、官能小説に出てくるような表現を使うことが多いです。

メールをやり取りしていいて、違和感を感じた場合には援デリ業者の可能性が高いので警戒しましょう。

・肉体関係を求めるメール内容

援デリ

援デリ業者は積極的に肉体関係を求めてきます。

メールや写真で誘惑してくるのはサクラと一緒ですが、援デリの方がより内容が具体的。

出会い系サイトには肉体関係目当てで利用している女性も多いため、女性から誘ってくることもあるので見分けることが必要です。

出会い系サイトによっても、アダルトな関係を求めている人が多いサイトもあれば少ないサイトもあるので、サイトの色に似合わず誘われた場合は注意しましょう。

また援デリ業者は常にサイトを監視して、ログインしたタイミングを見計らって「すぐに会いませんか?」というメッセージを送ってきます。

積極的に女性から話をしてきたりアプローチメールをしてくるなど、いくら欲求不満の女性だとしても女性は受け身の人が多い中でアピールしてくるパターンは業者の可能性が高いでしょう。

普通であれば警戒できますが、出会い系サイトを使っても全然会えない人がいきなり向こうから会おう言われると信じてしまう人がいます。

援デリ業者からすれば数打ちゃ当たると思って連絡しているのです。

女性が積極的なサイトであっても女性側から連絡が来るということはあまりないので、見分けるポイントにしましょう。

・すぐにメアドやLINEを教えてくる

悪質業者が優良サイトから会員を誘導してくる場合、一度メールやLINEに誘導してきます。

そのため優良サイトは運営側がLINE交換などが行われていないか見張っているので、悪質業者としてもできるだけ早くLINEのID交換やメールアドレスの交換を仕掛けてきます。

男性としてもお金のかかる出会い系サイトでやるとりするより無料のLINEでやり取りしたいのでつい喜んでしまいますが気をつけましょう。

1,2通目で向こうからLINEのIDを送ってきた場合はほとんど業者だと思ってください。

・プロフィールで過剰な性欲アピール

相手を選ぶのにプロフィールは大きな要素ですが、そこに過剰に不自然で過剰な内容が書かれている場合はそもそも連絡しないようにしましょう。

業者のページは「直ぐに会いたい」「体の関係」などをイメージしやすいようなプロフィールの作成や自己紹介文の作成を行っています。

よく見られるのは

「一度でいいから刺激的な体験をしたい」

「旦那としばらくないので満足させてほしい」

といった内容です。

どんなに欲求不満であっても普通の女性がここまで過激に投稿することは基本的にありません。

・待ち合わせ場所が風俗街やホテル街

援デリ場所指定

いざ出会うことが決まったら待ち合わせ場所を決めますが、ホテル街や風俗街を指定されたら警戒しましょう。

男性からしたら嬉しい限りではありますが、特に直接ホテルと言われたらほとんど業者と思っても間違いないでしょう。

一般の女性でも肉体関係を求めている人は多いですが、少なくとも一度は食事などを楽しみたいというのが普通です。

どんなにサイト上で意気投合していたとしても、いざ出会ってみたら想像と全く違ったということは女性からしてもあり得るからです。

援デリ業者は儲けを効率化するため、待ち合わせた男性とすぐにホテルに行って、ことを済ませたら同じホテル街でまた別の男性と出会うというのが理想。

業者の車で近くまで移動してくる場合や、会ったらすぐにホテル代の交渉を行う場合がほとんどなので注意しましょう。

いきなりホテルと言われると嬉しい気持ちは分かりますが、冷静に警戒する気持ちも忘れてはいけません。

通常はお互いの都合のいい場所で出会う場所を決めるものですが、一方的に場所を指定された場合は警戒が必要です。

特に次にあげるエリアを指定してきた場合は十中八九援デリ業者と思っていいでしょう。

大塚・鶯谷・高田馬場・西川口・巣鴨・池袋・五反田・上野・日暮里

・お願いあり・条件あり・ホテル代別

援デリ希望

援デリ業者の場合は何かと理由をつけて、金銭を要求してきます。

しかもストレートにいうと援助交際になるため、なにか理由をつけてくるのがみそです。

信用のために初めて会う時だけお願いと言われると、多少お金がかかってもそれ以降無料で抱けると思うと払ってしまう男性も多いのです。
とくに援デリ業者が要求してくるのは2万や1.5万などそこまで高額な要求をしてこないので、風俗に行くのと比べたらとつい払ってもいいと思ってしまいます。

また、割り切った関係ではなく、純粋にセックスを楽しみたいという女性からもお金を要求される場合があります。

「会ったことがない人だと不安だから最初だけ」というパターンが多いです。

出会い系サイトに免疫がない男性であれば2回目からお金はいらないと言われれば一般の女性と勘違いしてしまいますので用心しましょう。

「最初にもらったお金を2回目以降のホテル代に使いましょう」などと言われると、安心して払ってしまいますが、一般の女性はわざわざそんなことを言わないので相手にしない方が賢明です。

援デリ業者と会うのは危険

援デリ業者の存在について紹介していきましたが、出会い系サイトを利用している男性の中には、援デリ業者と分かっていて出会う人もいます。

出会い系サイトをつかっていても、もちろん誰でも出会えるわけではありませんし、ましてや肉体関係まで及べる人は全体の数%しかいません。

そんな中手軽に出会えて肉体関係まで持てるのが分かっている援デリ業者は、多少お金を払っても利用したいというわけです。

しかしいかに手軽に会えるからといって、売春と分かっていて会うのは犯罪ですし、それ以上に危険な目にあう可能性もあるのです。
援デリ業者を利用する危険を紹介するので、利用を考えていたという人は一度冷静に考えてみてください。

・犯罪にまきこまれる可能性

援デリをただお金を払ってヤれるサービスぐらいに考えている人もいますが、ことはそんな単純ではありません。
そもそも日本では売春防止法で売春が取り締まられている以上、金銭を払って肉体関係を持つこと自体が犯罪なのです。

もとが犯罪をしていると分かりながら出会っている相手は、お金を稼ぐことにそれ以上の犯罪に手を染めることに抵抗がありません。

もしあなたが結婚していたりステータスのある人であれば、買春をしているというネタでその後に脅される可能性もあります。
一度お金を払うだけだと油断していると、気付くと大変な目に会うこともあるので気をつけましょう。

・財布を盗まれる

詐欺グループと違い売春斡旋業者は直接出会ってからが仕事です。

お金の採り方も詐欺グループに比べて直接的。

最も気をつけたいのはホテルで財布ごと盗まれるケースです。

例えばホテルで目を話した隙に財布からお金を抜き取られるという事件は多発しています。

シャワーを浴びる時は特に気を付けましょう。

知らない相手とホテルに行く際はあまり貴重品を持ち歩かないようにしたほうが無難です。

・美人局による恐喝

売春斡旋業者に関わって一番怖いのが美人局(つつもたせ)です。

女性と出会って向かった先に強面の男たちがやってきて脅されるパターンです。

人の女に手を出したなどと難癖をつけられて口止め料としてお金を請求されます。

電話番後など個人情報を知られると長期に渡って脅される場合もあります。

勤務している会社名など知られるとさらに脅しのネタが増えるのでできるだけ個人情報をしられないようにしましょう。

一度脅されて被害者になると逃げるのは困難です。知らない女性と二人で会ういう時は気をつけましょう。

・自分が犯罪に加担してしまう可能性

援デリ業者を利用していると、自分が被害者になるだけでなく加害者になる危険性も潜んでいます。

援デリ業者の中には女子高生だったり、ひどい場合には女子中学生まで派遣している業者もあるのです。
もちろん未成年を買春した場合には自分が加害者となってしまいます。

出会い系サイトでは「出会い系サイト規制法」により、基本的に未成年が出会い系サイトを利用できないように配慮されています。

わかりやすく解説

しかし組織的に活動している援デリ業者では成人した大人の個人情報でアカウントを作って、未成年を派遣できてしまいます。
仮に未成年と知らずに買春してしまったとしても、摘発の対象になる可能性は高いことも援デリ業者を利用しない方がいい理由と言えます。

・性病を移される可能性

援デリ業者は一つの風俗業界ではありますが、一般的な風俗と違うのはプロかアマという点です。

一般の風俗であればリピーターになってもらって指名してもらうことが稼ぐ近道になるため、自然とプロ意識を持ちますが援デリ業者は違います。

出会い系サイトで釣れた男性に単発で派遣されるため、サービスをよくするという考えが全くないので不愛想な子もいれば、ことが済めばすぐに帰ってしまう女の子もいます。

そして一番の違いは、性病対策を行っているかどうかの違いです。

一般の風俗店は店の信頼にも関わるため、女の子の性病については厳重にチェックしていますが、援デリ業者では基本的に女の子の性病に関してチェックをしていません。

援デリ業者とはいえ女の子たちは1日に何人もの男性を相手にしているため、性病にかかる可能性は非常に高いです。
性病にかかってしまうとその後の治療費なども安くないため、援デリ業者を利用しな方が賢明です。

・トラブルの元になる「援デリ」業者には会う前から断る

業者でもよいので女の子と会おうとすれば、会える可能性は高いでしょう。

ただ、デート目的で会いたいと思うのであれば止めた方がよいでしょう。
相手は肉体関係のみを求めてくるのでその場合、必ずお金の交渉が始まります。

男性側がデート目的でいる場合は当然断ると、女性側にいる業者が出てきてトラブルになる可能性があります。

最悪、怖い思いをすることもあるので例えお金を払ってもよいと思っていても業者と遭遇する可能性のある女性と会うのは控えた方がよいでしょう。

・相手に年齢確認をしっかりする

年齢確認をしっかり行っている出会い系サイトは大丈夫だと思っている人は要注意です。

理由は、登録している情報と現地に派遣されてくる女性は別の女性なので、サイト上の情報はいくらでも偽ることができてしまうためです。

また、業者であることを知らずに会って関係をもってしまったとしても犯罪に巻き込まれる可能性はそこまで高くないですが、相手が未成年である場合は加害者になる可能性が高くなります。

実際は未成年でしたということを回避するためにも現地で会うことになった女性に対しては必ず年齢確認をしっかりすることが必要です。

体の関係を望んでいる男性からすると業者が管理している「援デリ」は会える可能性が高いように感じるかもしれません。

ただ、トラブルが発生しても自己責任になってしまうのでリスクが非常に高いですし、最悪の場合には犯罪に巻き込まれる可能性があります

業者を見抜くポイントを抑えておけば、当たる可能性を低くすることができますので業者以外の女性と出会い系サイトでは会うようにするのが無難といえそうですね。

【まとめ】援デリ業者に近づかないのが出会い系サイトを安全に楽しむポイント

出会うまでの手口はサクラと似ていますが、援デリの場合は出会ってからが危険です。

サクラであればお金を騙しとられるくらいですが援デリの場合は自身の身にも危険が及ぶ可能性があるため、怪しいと思ったら即座に身を引きましょう。

また援デリの質の悪いところはサクラのいない口コミ評判のいい優良出会い系サイトに特に多く存在していることです。

サクラと違い実際に出会うつもりでやり取りしているので、出会い系サイトとしても判断しづらいのでしょうか。

しかしサイト管理者に通報しても利用停止にならないこともあるので大人の事情もあるのでしょう。

実際に出会ってからの犯罪に巻き込まれる援デリ業者はサクラよりも厄介ですが、サイトを慎重に選んでもあまり意味がありません。

実際に利用しながら援デリ業者を見極めて避けなければいずれ被害に会ってしまうことになります。

つい簡単に会えてヤレル気がすると、多少危険でもお金を払ってでも会いたくなってしまいますが、安易に取りつかないようにしましょう。

ちゃんと考えながら利用すれば出会い系サイトでも出会えるので、業者に頼ってはいけません。

あわせて読みたい
ABOUT ME
アスカ
アスカ
お気軽にコメントください。丁寧にお返事いたします♪