出会う方法

バツイチと出会いたい

離婚する夫婦が増え、3組に1組の夫婦が離婚する現代。

昔であれば、バツイチが再婚するのは大変でしたが、今や離婚が一般的になってきて、バツイチでも普通に婚活している人も多いです。

一度の失敗で人生の幸せを諦める必要はなく、失敗した経験をもとに次は幸せな夫婦生活を送りたいですよね。

そこで今回はバツイチが再婚するために気をつけたいこと、そしてバツイチ女性がどこで出会いを見つけるか紹介していきます。

再婚への道は、まずは出会いを作るとこから始めることです!

バツイチ子持ちで再婚できない人の特徴

まずは、バツイチ子持ちで再婚できない人の特徴を説明していきます。

自分に当てはまる点がないか考えてみてください。

1.出会いを求めるために行動をしていない

まず一つ目の特徴は、出会いを作るための行動をしていないことです。バツイチに限りませんが、出会いがなければもちろん結婚できないのはイメージできますよね。

口では「出会いが欲しい」「結婚したい」と言っていても、行動に移さなければ出会いは作れません。まずは、具体的な行動に起こすことを心がけましょう。

2.子育てと仕事が忙しいという言い訳

2つ目の特徴は、「子育てが忙しい」「仕事が大変」と言い訳が多い、シングルマザーの方です。

確かに、一人で子供を育てをしながら婚活をするのは大変ですが、子育てと仕事を両立しながら再婚している女性はいっぱいいます。

もしあなたが、本当に再婚したいと思うなら、忙しい合間を縫ってでも、自分のできることから始めましょう。

3.失敗したからと慎重な出会い選び

3つ目の特徴は、男性を選ぶのに慎重になりすぎる場合です。一度結婚に失敗している経験から、二度と男で失敗したくないという気持ちは分かります。

しかし、あまり男性選びに慎重になりすぎるあまり、出会い方を絞って行動できなくなるのはおすすめできません。

相手を慎重に見極めることは大切ですが、最終的に幸せになれれば出会い方にこだわる必要はあまりないではないのでしょうか。

出会い方にこだわるよりも、出会ってからどうしたら幸せになれるか考えてみませんか。

4.自分と周りを比較する

4つ目の特徴は、ついつい自分と周りを比較してしまう場合です。

若くしてバツイチになった方は、同世代の友達がまだ恋活や、恋愛を楽しんでいるという方も多いでしょう。

自分だけバツがついていたり、子供がいると、自分だけ恋活や婚活の場で不利な気がしてきてしまいます。独身の友達と自分を比較していると、どんどん落ち込んでしまいますし、余計婚活もうまくいきませんよね。

でも自分の幸せは自分だけのものです。周りと比較する必要はありません。もし比較しそうになったら、友達には友達の悩みがあることをイメージしてあげてはどうですか。

5.経済的余裕が無く出会いの場に行けない

最後の特徴は、経済的な理由で出会いの場に行けないということです。

確かにバツイチ子持ちの場合、自分たちの生活を維持するだけでも経済的に大変です。

出会いを作るのにお金をかけていられないという気持ちも大いにわかります。

ですが、工夫すれば無料でも出会いを作ることは可能なんです。この記事では無料で出会いを作る方法も紹介するので参考にしてください。

工夫次第で、お金をかけなくてもいくらでも出会いを作ることができますよ。

バツイチ子持ち女性がするべきこと

バツイチ子持ちの女性が特徴を説明しましたが、それらを解消するためにすべきことを紹介していきます。

何から始めていいか分からないというバツイチ女性はまずはこんなところから始めてみてください。

忙しくても時間を作る

バツイチ子持ちは子育てに仕事と大変ですが、まずは時間を作ることから心がけてみましょう。

出会いをつくるには、どうしても時間を作る必要があります。まずは今の生活を見消してみて、工夫して時間を作れないか考えてみましょう。忙しいと思っていた方でも、移動時間や、一人でテレビを見ている時間など、ちょっとしたスキマ時間があるのではないでしょうか。

いきなりまとまった時間を作るのが難しいという人は、無理してまとまった時間を作る必要はありません。まずはコマ切れの時間でもいいので、無理のない範囲で時間を作れないか探してみましょう。

とにかく出会いを増やす行動

時間を作ったら、効果的に出会いを増やすために行動することを心がけてみましょう。

パーティーに行くだけが出会いではありません。出会いを作ろうと思っているだけでも、普段の生活の中でも出会いに関する情報が目に入ってきます。

例えばインターネットを使えば、家にいながらでも、ちょっとした時間からでも始められます。自分にどんな方法が合うか考え、できることから少しづつ初めてみませんか。

質を求めるなら量が必要

出会い方に慎重になっている方は、出会いの量を増やすことを心がけてみてください。

一度結婚で失敗しているからこそ、次の再婚相手選びにはシビアになってしまい、出会いの場を絞ってしまう気持ちは分かります。

それでも、いい再婚相手を選びたいのであれば、多くの出会いを作る必要があるんです。

今回は出会いの方法もいくつか紹介していきます。一つに絞る必要はないので、いろいろ試して自分に合った出会い方を探してみてください。

バツイチのメリットを考える

バツイチ子持ちだと再婚は難しいと思っていませんか。

自分で最初から難しいと思っていれば、出会う時も引け目を感じてしまいますし、バツイチに引け目を感じていることが相手に伝わってしまいます。それでは、上手くいく出会いも、上手くいかないことがあるでしょう。

例えばバツイチは、一度結婚に失敗しているから、初婚よりもどうすれば夫婦が上手くいくかが分かっています。このように、バツイチだから不幸、ではなくバツイチだから幸せという風に考え方を変えてみましょう。

バツイチ子持ち女性が出会える場所

バツイチが何をすればいいか分かったところで、具体的にバツイチ子持ちがどうやって出会いを作るかを紹介していきます。

抵抗がある方法もあるかもしれませんが、食わず嫌いせずまずは試してみましょう。

■婚活イベント

まず紹介するのは、婚活パーティーなどの婚活イベントです。
バツイチ子持ちとなると、周りの目が気になって婚活イベントに参加するのも気が引ける人もいるかもしれません。

確かにバツイチ子持ちの女性よりも、独身女性の方がいいという男性はいます。

しかし、婚活イベントの中にはバツイチ限定のパーティーもあるので、そういった婚活イベントを探してはいかがでしょうか。参加者はみんなバツイチなので、周りの目を気にせず参加できます。

参加している男性もバツイチのため、お互い気を遣わずに話せますし、バツイチならではの悩みなども理解してもらえます。

バツイチ向けの婚活イベントはレアだと思っている人はいるかもしれませんが、そんなことはありません。離婚の増加とともにバツイチ同氏の結婚も増えています。

バツイチ向けの婚活パーティーだけでも、「お酒好きな人向け」「リード上手な男性編」など、さまざまなコンセプトで開かれています。自分に合ったイベントを見つけて、足を運んでみてはどうですか。

ちなみに女性の参加費の相場は無料~3,000円です。これなら経済的に余裕がないという人でも、月に何度かは参加できるのではないでしょうか。

男性の参加費が高いイベントでは、それだけハイクラスの男性が参加しているので、子持ちの女性にとっては狙い目です。

また対象年齢を幅広く設定してイベントもあれば、制限しているイベントもあります。申し込みをする前にしっかり確認しましょう。

さらに、婚活イベントのメリットは異性との出会いだけではありません。

バツイチ向けの婚活イベントでは、他に参加している女性たちもバツイチです。同じような境遇の人がどのような方法で出会いを作っているか知るチャンスにもなるので、積極的に仲良くなりましょう。一人では辛くなる婚活も、同じ境遇の仲間がいるとやる気がでます。

■結婚相談所

次に紹介するのは結婚相談所です。

結婚を考えている人なら、一度は利用するか考えたことがあるのではないでしょうか。広告ではよく目にしますが、実際に何をしてもらえるかわからず足踏みしている人も多いことでしょう。

結婚相談所のいいところは、仲人の方があなたの代わりにお見合い相手を探してくれるところです。実は結婚相談所は、結婚相談所が集まるコミュニティに属している場合が多く、そのコミュニティ内で婚活している方々の情報を共有しています。

結婚相談所に登録すれば、仲人の方があなたの好みを聞いて、あなたの代わりにあなたに合った人を探して、お見合いまで組んでくれます。先方とのやり取りも、仲人さんを挟んで行うため、やりとりでストレスを感じることもありません。

時間のないバツイチ子持ち女性にとっては、婚活の相手探しややりとりを代行してくれるなら大助かりですよね。忙しくて時間のない方でも、勝手に出会いを作ってくれるので婚活がスムーズに進みます。

他にも、結婚相談所では独身証明書を提出させるので、仲良くなったら実は既婚者だったということもなく、安心して利用できます。お見合いを組まれた方も婚活をしているので、結婚前提で話を進められるのも、時間をかけずに結婚したいという方には嬉しいですね。

また、婚活相談やお見合いの時にどんな会話をすればいいかなども丁寧に教えてくれるので、初めてでも安心して利用できます。

唯一気をつけて欲しいのは料金です。結婚相談所は登録だけでも10万円くらいかかるのが相場です。そのほかに毎月の月額料金も発生するので、婚活が長引けばそれだけ出費がかさみます。

経済的な不安が多いバツイチ子持ちの方いとっては、お金の問題がネックになることでしょう。どの結婚相談所に登録しても、共有しているデータベースが同じことが多いので、できるだけ安い結婚相談所を探して登録してもいいかもしれません。

■婚活バー・婚活カフェ

次に紹介するのは、婚活バーや婚活カフェです。

まだまだ知名度は低いですが、最近は婚活サイトや様々なメディアなどにも取り上げられているので、存在だけは知っている人もいるのではないでしょうか。

婚活バーというのは、恋活・婚活をしていて出会いを求めている男女が来店し、人数がそろえば相席できるお店のことです。男性も出会いを求めてきているので、恋愛や結婚に発展するのも早いです。

お店によって、システムや雰囲気は違いますが、どこでも女性は無料だったり、安く利用できるので、気軽に利用できますね。お金に困っているけど出会いが欲しい、バツイチ子持ち女性にとってはおすすめです。

しかし、婚活バーで気をつけたいのは、いつでも出会いが保証されているわけではないことです。お店に行っても、男性の数が少なければ女性が待たされることもあります。また、自分の好みの男性がいるかもわからないので、効率的とはいえないかもしれません。

お店のHPに、体験談をのせているお店も多いので、どんな人がよく来るのかなど、雰囲気を予めチェックしてから行くのがおすすめですよ。

■マッチングアプリ

3つ目に紹介するのはマッチングアプリです。

リアルなイベントだけでなく、最近流行りのマッチングアプリもバツイチの再婚活にはおすすめです。

インターネットサービスの普及によりネット婚活という言葉できるほど、インターネットを利用した婚活は一般的になっています。いままでネットを通しての出会いを体験したことがないという人は、一度チェレンジしてみてはいかがでしょうか。

バツイチ専用のマッチングアプリがあるわけではないですが、プロフィールに婚姻歴を記入できるので、ミスマッチを減らせます。婚姻歴の他にも、再婚活に必要な情報をプロフィールに記入できますよ。

例えば「子供の有無」「結婚に対する意思」「子供がほしいか」という欄もあるので、お互いの結婚に対するこだわりを知った上で会うことができます。会ってから、バツイチ子持ちであることをカミングアウトするより、気持ちが楽ですし、無駄な出会いを作らなくてすみますね。

これは自分のことを、予め知ってもらうために大事ですが、あなたが再婚相手を探す時にも便利な機能です。自分と同じくバツイチの人と出会いたいという人は、バツイチに絞って相手を探すこともできます

バツイチ同氏であれば、お互いに似たような苦労をしてきた可能性も高いので、自分の境遇も理解してもらいかもしれませんね。

マッチングアプリを選ぶ時は、プロフィールにどんな欄が見て、自分が使いやすいもの選ぶのもいいでしょう。

他にも、マッチングアプリのSNS機能は、バツイチの再婚活にとても役立ちます。

最近のマッチングアプリでは、異性との繋がりを作るだけでなく、同じような趣味を持つ人で繋がれるSNS機能があるものもあります。その中には、バツイチで再婚活を頑張っているコミュニティができている場合もあるので、情報交換ができたり、励ましあったりできます。

リアルなコミュニティじゃなくても、自分と似たような境遇な人が他にもいると知るだけでも、精神的に救われますよね。居心地のいいコミュニティを探して、参加してみましょう。

他にも最近では、「恋活アプリ」というジャンルができるほど、恋愛に特化したアプリも増えてきました。まずは恋愛から始めたいという人は、恋活アプリから始めてみてもいいかもしれませんね。

■出会い系サイト

最後に紹介するのは、出会い系サイトです。

出会い系サイトと聞くと「犯罪に巻き込まれそう」とか「身体目的の男性が利用している」と考える方も多いのではないでしょうか。

確かに昔はそういう危険なサイトも多かったですし、今でも危険な出会い系サイトが全くないわけではありません。

しかし、10年以上続くような出会い系サイトをちゃんと選べば、安全に出会えますし、婚活のために使うのも可能なんです。

特に女性におすすめするポイントとして、出会い系サイトの男女比があります。
多くの出会い系サイトは男性の方がユーザー数が多いため、女性は比較的簡単に男性に会えます。自分の好みの男性に絞って選びましょう。

他にもサイト上でやり取りしながら、ある程度その人がどういう人か分かった上で会うことができます。中には身体目的の男性もいるので、やり取りをしながらその人がどんな理由で会いたがっているか確認しましょう。

時間とお金をかけない出会い系サイトがオススメ

バツイチにおすすめの出会いの方法を3つ紹介してきましたが、その中でもおすすめなのが、出会い系サイトです。

なぜ?と思う方もいるでしょうが、その理由について説明していきますね。

女性は登録無料

出会い系サイトを女性におすすめする一番のポイントは、女性であれば、登録はおろか利用するのも無料であることが多いためです。

マッチングアプリや婚活アプリでは、「ハイクラスな男性が登録している」と謳って、女性にも課金している場合があります。

それに比べて出会い系サイトでは、登録はもちろんメッセージのやりとりや、プロフィールの閲覧まで全て無料なので、お金をかけずに出会うことができるんです。

バツイチ子持ちであれば、できる仕事も限られ、子育てにもお金がかかります。出会いは欲しくてもできればお金はかけたくありませんよね。

無料で利用できる出会い系サイトであれば、経済的に不安定なバツイチ子持ち女性でも、安心して婚活を進められます。

隙間時間で出会いを作れる

他にも出会い系サイトを、バツイチ子持ちにおすすめなのは、スキマ時間でも出会い作れることです。

バツイチで子持ちであれば、仕事もしなければなりませんし、子育ても大変ですよね。そんな中、まとまった時間を作って出会いのために行動するのは骨が折れます。

しかし、電車の移動時間や、テレビを見ながらであれば、ちょっとでも時間を作れるんじゃないでしょうか。

出会い系サイトであれば、少しづつやり取りを重ねて出会いに近づけるため、隙間時間を使いながら出会いを作ることができます。

ほとんどの出会い系サイトがスマホアプリも作っているため、移動中のちょっとした時間でもやり取りをして出会いを作ることが可能です。

時間がなくて、出会いを作るなんて無理と思っていた方は、出会い系サイトを上手く使って出会いを作りましょう。

バツイチ子持ちでも気にしない人と出会える

せっかくいい人に出会えても、途中で「実はバツイチ子持ちなんです」と伝えるのは勇気がいりますよね。それが理由で断れたら、そこから婚活を続けるのもイヤになります。

その点、出会い系サイトでは、プロフィールにバツイチであることを記載できるため、バツイチ子持ちでもOKな男性に絞ってやり取りを始められます。

出会い系サイトに登録している男性の中には、バツイチでもOKという人も多く、特にバツイチの男性はバツイチの女性を探している場合すらあるんです。

プロフィールにバツイチと書くのも勇気がいりますし、普通よりはマッチング率が下がるかもしれません。しかし、いつかバツイチであることを言わなきゃというストレスを持つより、最初から心配ごとをクリアして出会ったほうが精神的に楽ですよね。

心配の種は先に伝えておきましょう。

バツイチの子持ちの婚活は効率的に

ただのバツイチであれば、比較的普通の独身女性と同じように婚活もできますが、子供がいるシングルマザーとなるとそうもいきません。

一人でいるよりもお金が必要になるので、仕事も頑張らなければいけませんし、子育てだって大変ですよね。

その合間を縫って、出会いを作って結婚するというのは時間的にも体力的にもハードルが高いです

なので、独身女性と同じように婚活をしていては、身も心も持ちません。

出会いの数も大事ですが、時間を効率的に使うには、ある程度知った仲、少なくともバツイチ子持ちであることに理解のある男性に絞って会った方がいいと思いませんか。

闇雲に出会いを作るだけでなく、出会い系サイトなどを上手く活用して、時間と体力を効率的に使える婚活スタイルを自分で見つけてみましょう。

ABOUT ME
体験族
体験族
コメント受付中!